<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [119]
  • 南京陥落提灯行列に都民40万人

  • 投稿者:小林哲夫メール
  • 投稿日:2011年 9月12日(月)15時29分44秒
  • 返信
 
NHKドキュメンタリー「日本は何故戦争へと向かったのか?第三回」からの引用の四回目です。
1937年12月南京を陥落させたことを祝った「戦勝祝賀集会」が全国で行われ、東京では40万人の民衆のちょうちん行列が行われました。
この40万人こそが軍国主義の尖兵であり、戦争の原動力となった人々だ、と私は考えます。


従来の左翼が主張する「民衆は弾圧されてやむを得ず戦争に参加した」というロジックをこの人たちに当てはめることは出来ないと考えます。
この熱心な行列に参加した民衆が、軍によって強制的に動員された、とか、弾圧を恐れていやいや参加したなどとは到底想像できないからです。
行列参加の40万人の行動的軍国主義者の背景にはその数倍の行動までには至らない心情的同調者が存在するはずで、これらを塁計すると国民の大部分になる、というのがこの当時の世相を軍国主義と呼ぶことの意味だと思います。
行動的軍国主義者と、行動に至らない、気持ちだけの軍国主義者を合わせて過半数、その背後に沈黙と暗黙の支持者がいて、全体として軍国主義というものが成り立っていた、と考えます。
こういう状態をひっくるめて、国民全体が戦争を望んだのであり、戦争について責任がある、と私は主張しています。

追記;南京虐殺について
一部の右翼が、南京事件は戦後東京裁判のときに占領軍が捏造したもので、事件当時は知られていなかった、と主張していますが、その時のアメリカでニュース映画として公表された画像が今回の放送に含まれていました。
日本軍が虐殺死体が散乱する道を行軍する映像が写っていました。

(私見)
虐殺があったということは日本では報道されなかったので、もしこの真実が報道されていたら、黙ってはいなかったに違いない、という新聞批判があります。
しかしもし仮に国民がこの真実を知ったからといって、そのことを批判する、というようなことは起こらなかったと推定できます。
いわんや「こんな戦争はやってはいけない!」と戦争反対の世論が沸き起こるとは到底思えません。

私は戦時中に兵隊さんが、我が家に来て飲み会をしている席で、中国人を日本刀で処刑している写真を自慢げに見せてくれたことを覚えています。
「それは子供に見せるものではない!」と上官にしかられている様子も覚えています。
つまり兵士は中国人市民虐殺にそれほどの罪悪感を持っていなかった、ということと、内地の国民もその程度のことは当たり前という気持ちがあった、と思っているからです。

http://homepage2.nifty.com/kobatetu/index.htm



スレッド一覧

  1. NHKドラマ「坂の上の雲」感想・投稿・意見交換掲示板(140)(管理者)20/07/14(火)23:35
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成