teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/141 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中学生の性の性のモラルや価値観を低下させる「赤い糸」フジテレビで放映中、松竹映画上映中、子供を守れ保護者3

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月28日(水)10時21分40秒
  通報 返信・引用
  「赤い糸」は最初っからずーっと高校生だと思って見ていた人が多かったようだが高校受験とは「中学生」と聞いてびっくりした人が多かった。「14才の母」以上の過激さと衝撃が走る。中学生ではこんなことはありえん現実ならニューストップにあがってしまう。そしてそして!!!高校生でもこれは起こらない。友達が自分のせいで自殺。親との血縁関係が自分ない。友達がシャブ中。学校でいじめ。好きな人とは結ばれない。彼氏からの暴力。その彼氏が事故死。中学生に有害情報を注ぐのもいい加減にしろと怒りたくなる。彼氏が事故死は原作小説では出ていない。陸は生きて大学生になり新しい彼女ができているが何で映画で殺さないといけないのかある面では映画のほうが過激なのである。おそらく作者が知ってるであろう不幸な出来事を被せる被せるみのもんたが「思いっきりいいテレビ」で日本は国会ぎいが反便ずつの国にならないと良くならないというとんでもない失言も出て女性歓迎を示す左派的発言が多くあり。女性の国会議員が増えると逆に世の中は滅茶苦茶になり国家は崩壊してしまう。大阪府は女性知事の大田知事の特派府の教育などは乱れていたが男性の橋本知事は重いいった改革を実践して言い方が過激だというが過激に言わないと改革はできない。どんどん府の政治は良くなっている。優秀な男性リーダーが出現しないと国は強くならない非常に強力な男性リーダーが出現したアメリカやフランスは今後はどんどん国は強まる韓国も同じで優秀な男性リーダーが出現した。日本は女性が社会に進出する、ひ弱い国になってしまっている。問題のシーンはここだ『名シーンのナマ再現に南沢奈央&溝端淳平が大テレ!「赤い糸」初日12月22日1時9分配信 eiga.com拡大写真映画は初日だが、現在もTVドラマ版撮影中![eiga.com 映画ニュース] 中高生を中心に話題を呼び、累計4600万アクセスを超えた大ヒットケータイ小説の映画化「赤い糸」(村上正典監督)が12月20日に初日を迎え、新宿ピカデリーの舞台挨拶に主演の南沢奈央と溝端淳平、共演の木村了、岡本玲、石橋杏奈、桜庭ななみ、柳下大、鈴木かすみ、田島亮、村上監督が登場した。「赤い糸」フォトギャラリー 南沢は「芽衣が親近感のわく女の子になるよう試行錯誤しながら演じました。運命の人っていつどこで会えているのか分からないけど、だからこそ1つ1つの出会いを大切にしていきたい」とPR。一方、クールな性格の敦史を演じた溝端は「自分と真逆の役をナチュラルに演じるのが難しかった」と役作りの苦労を振り返り、「僕にとってこの作品は人との出会いや別れを見直すきっかけになった。恋愛や友情や家族愛、10代の時に誰もが経験する大切なテーマが詰まっていると思います」と語ったまた、劇中で敦史と芽衣が「運命って信じる?」「信じるよ」と言葉を交わす名シーンの撮影秘話について、南沢が「運命を信じているから抵抗なく言えました」と堂々としていたのに対し、溝端は「大切なシーンだったので、撮影前から眠れなくて」と相当緊張していた様子。すると、MCからシーンの“ナマ再現”を催促され、「マジっすか……」とドギマギしながらも再現すると、観客からの悲鳴に近い歓声が上がり、南沢も溝端も顔を真っ赤にしていた。【作品情報】・ 赤い糸 。』中学生や高校生の女子高校生が多い前でこのようなふしだらな行為を平気で行うようになった日本は小学生、中学生、高校生共に性のモラルや価値観が外国の子供たちに比べて大きく低下したことを示している。このままでは日本はフリーセックスの国になり将来はとんでもないことになりアメリカ同様に性教育を辞めて自己抑制プログラムに切り替えないといけなくなる。恋人の聖地も多くの苦情が出ていて恋人の聖地ではなくてフリーセックスの聖地になり逆に少子化に輪をかけているのではないかという苦情が相次いでいる。「赤い糸」映画公開で初日に主演の南沢奈央と溝端淳平が演じた生シーンは中学生や高校生の性の価値観やモラルを欠落させて性のハードルをさらに低年齢化させてフリーセックスの世界にして少子化を加速化させてエイズや性感染症を蔓延化させ日本を崩壊させるとんでもない行為なのだ。「赤い糸」には許せない行為が多くある「恋空」よりも過激化している日本の中学生の性を欠落させている赤い糸を今後私はとことん叩き伏せるようにネガティブキャンペーンを通して中学生や高校生の保護者達にケータイ小説や少女コミックは過激な性教育と大きな結びつきがあるので、やめるように呼びかけていきたい。日本のように過激な性教育と「コドモのコドモ」「14才の母」「赤い糸」「恋空」このような低風俗なテレビ番組は映画が多くなると。まもなく日本の人口は減少を始め、労働人口の減少、とりわけ若い労働力の縮小と消費市場の縮小による経済への影響が懸念されます。また高齢化が進むことで年金、医療、介護などの社会保障費が増加して、国民の負担が増大することも懸念されています。ただし、経済や生活は人口だけで決まるものではないので、そうした懸念を実現させないための工夫を国、自治体、企業をはじめ国民全体が協力して築いて行けるかどうかが重要な点です。そして一番大きく変わるのは、なにより日本人の生き方-ライフコースだと思われます。「日本の将来推計人口」では、現在20歳前後の女性の6人に1人が生涯結婚せず(現在は20人に1人)、3割以上が子どもを持たないこと(現在は1割)が想定されています(2002年中位推計)。これは歴史的にも例のない社会だと思われます。その他、人口減少、人口高齢化の影響は社会全体に及ぶと思われます。ただし、そうした人口構成の変化は少子化(出生率の低下)だけでなく、寿命の伸びや人口移動によっても大きく影響されます。出生率は216年には何と0,43まで落ちて日本の人口は激減してきて50年後には日本人は0人になるのである。恐ろしいことである。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8F%E5%B9%B4 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』閏年  閏年生まれの2月29日生まれは誕生日は4年に一回は間違いである2月28日が誕生日とみなされる。なぜなら生まれた日はい日しか一生の間で起きない。他のものも閏年生まれのものも4年に一回の閏年は同じに迎えるため一生に一日だけのズレは2月28日の誕生日に振り込まれることで解決する。4年に一回の誕生日で年齢は進めない。一生の間での一日だけのズレは差し支えはないとみなされている。誕生日 平年における2月29日生まれの者の「みなし誕生日」については2月28日とするのが一般的である。理由は、誕生月はあくまで2月だからである。日本の法律でも「2月28日とみなす」と規定している(銃砲刀剣類所持等取締法(第7条の2)、外国人登録法(第11条)、道路交通法(第92条の2、第101条)。ただし、前2法では閏年においても2月28日とみなしている。)。なお、「加齢」については、日本の法律では、正確には「誕生日」の前日ではなく「起算日(ここでは生年月日)の応当日」の前日満了時(24:00)に加齢する旨規定されていることから、2月29日生まれの場合は、平年・閏年を問わず、毎年2月28日24:00であり、平年にあっては3月1日生まれの場合と同じである。(これをもって平年の「みなし誕生日」を3月1日とする者も少なくないが、法律上はあくまで2月28日である。)赤い糸のように4年に一度の誕生日は法律上はないのである。ここから「赤い糸」は矛盾しているのだ。「赤い糸」の観客は中学生女子が対象であることを忘れてはいけない。映画試写会でも中学生や高校生が性のモラルや性への価値観をなくして欠落してしまうことが行われた。この行為はフェミニストやジェンダーフリーを増やして性解放させフリーセックス化させ女性は子供を作らなくなり少子化は深刻化しているが少子化の加速化に輪をかけるとんでもない行為が行われている。今の日本はどうかしているクリスマスを恋人と過ごす日としているのは日本だけであるサンタクロースの世界的な文化まで恋愛の自由でスウェーデンも足元にも及ばないフリーセックス国になり子供を作らないから少子化は加速化していき日本は崩壊の道をたどっている。日本は女性を多くの社会に進出させ女性も男性も中性化しようとしているジェンダーフリーの国は日本だけである。外国の先進国はバカではないフランスは初の女性大統領の誕生はロワイヤル氏をサルコジ氏が大統領選挙で破り中間選挙で保守の席を増やして再び男性上位の国にしてフランスが女性大統領により衰弱化するのを防いだ。アメリカもあわや初の女性大統領誕生かと騒がれたがヒラリー氏をオバマ氏が大統領予備選挙で破りアメリカも男性閣僚が増えて男性上位社会はよみがえった。日本だけが女性が勢力をのばしてフェミニストや世界でもいないジェンダーフリーの勢力がはびこり女性総理大臣誕生のピンチであるのだ。女性が社会に進出するようになってから産婦人科のたらいまわし事件が増えている。

警戒緩めるな、まだ9館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中2

命をテーマにする映画なら、こんな題材ではなく他にもあるはず。 センセーショナルなテーマで命を扱う安易さには耐えられません。 ここまで日本映画界は落ちたかと情けなく思うばかりです。全く評価に値しない最悪の有害な映画である。  2008年の最悪映画の名誉(?)は決定だな春菜の友達は、赤ん坊を自分力で決意するのも凄いし考えられないです。『コドモのコドモ』 命の物語というには、命をあまりにも軽々しく扱っていませんか?性の知識の全くない小学校5年生の女の子が、恋愛感情のない幼馴染の同級生のコドモを身ごもってしまい、せっかく授かった命だからと、オトナたちには内緒で出産することを決意し、それをクラスメートのコドモたちも応援するというストーリー。描いたのは、コドモたちの力強さと大きな可能性の物語(ファンタジー)なんだって。それで、各界から絶賛!賞賛!のコメントが続々と到着!!だって。だから、この物語をあなたの目で観て確かめてくださいって。心で感じてくださいって。ということなのだか子を持つ親としては嫌悪感しか感じないストーリーであっても、納得させるようなエピソードがあって、すっきり爽やかな展開になるんだとばかり、思っていたのですが。けれどもそんなことはなく、冒頭に記したストーリーのまんまの映画でした。リアリティーの欠片もない内容でした。もしかしたら、“リアリティーのない物語のことをファンタジーと呼ぶのだ”と、勘違いしているんじゃないだろか?原作のコミックにはきっと、オトナには頼れないのでコドモだけでって決心するに至る過程が描かれているのだろうけれど、この映画にはそこがまるで抜け落ちているところが、致命的なのである。母親役で宮崎美子が出演している。姉役で谷村美月も、出演している。この演技力のある二人が、すごく間抜けで頭が悪くみえてしまう。演出や脚本に忠実であればあるほど、という皮肉…。とても気の毒だ。だって一緒に暮らしている娘が妊娠していることに、コドモが生まれちゃうまで気づかない親がいるだろうか?同じ部屋にいるのにもかかわらず、臨月まで妹の体の変化に気づかない姉がいるんだろうか?一緒にご飯を食べたり、ちゃんとコミュニケーションをとってる家庭なんだよ、ここん家は。保護者の描き方も判で押したようなステレオタイプで、これもまたリアリティーがゼロ。これで、既成の観念やオトナのルールにしばられないで、ピュアな心で命の尊さを感じてほしい、なん言いたいのだろうけれども、それ、完全に間違ってます。11歳の未成熟なコドモの妊娠・出産がどれだけ危険が伴うものなのか、わかってるんだろうか。しかも清潔とはいえない場所で、医者もいない、設備もないところで、コドモたちだけでって。奇跡的に無事に生まれて、類まれな安産でしたで片付けちゃうのこれって逆に、命をあまりにも軽々しく扱ってるってことでしょ。そもそも“親になる覚悟がないのに”親になっちゃいけないっての。道徳的に…なんて野暮なことをいっているわけじゃない。これは、“人間的に” もしくは “人として”という問題です。観念やルールに縛られたくないと言うのなら、人間をやめるしかないでしょう。社会に生きるのが、人間なのだから。犬や猫ではないのだから。この映画を支持するコメントを寄せている方々の中に、教育者もしくは教育に携わる人たちが多くいることがとても気がかりでなりません。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ。「コドモのコドモ 」from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年10月1日 0時1分)のどかな地方都市、ほんわか顔の子役たちとムードはソフトだが、描くのは小学生の妊娠・出産とハードなものだ。賛否両論は覚悟で、命の意味をとことん考えてと呼びかけている。春菜とヒロユキは興味本位で“くっつけっこ”という遊びをする。春菜は妊娠するが、大人には相談.... ...[外部サイトの続きを読む]試写会で拝見しました。観おわった後「なぜこのテーマにする必要があったの?」と言う疑問だけが残りました。観ていて、「こんなことありえない」と思うことや「なぜ??」と思うことが多く、共感できない。つまり感動が無かった。「子供たちの演技」にこの作品は頼りすぎていないだろうか?子供たちの一生懸命さには、心が痛んでならなかった。正直、映画化されるべき作品ではなかっする必要は無かったのではないかとさえと思う。せめてR指定にすべきではないのでしょうか?観てない人の意見を気にすることはありません。 良い映画です。この映画で描かれていることは、実は世間体にばかり子だわっている大人より、浅はかで馬鹿だけども子供の方が命に対して真面目に向き合っている、という事。それとここは映画の感想を書くところで、他人の意見を批判するところじゃないよね?このように言う人が今は少ない。多くの人は映画を見て映画を批評しているは非難の声があんのじょう多い失礼ですが、監督さんにはお子さんがいらっしゃらないのでしょうか?   奥様は?  大人でも、子供を生むに当たって、物凄い費用と不安が圧し掛かります。 痛みだって、男性の方なら耐え切れない痛みだといいますよ?実際私も普通分娩を3回経験しています。あんな痛みが、果たして子供に耐えれるのか。子供目当ての性犯罪が起きている現代そういうことも考えてらっしゃるのでしょうか?『コドモのコドモ』 命の物語というには、命をあまりにも軽々しく扱っていませんか ※賛否両論のある作品です。みなさんは、どう感じましたでしょうか。 『コドモのコドモ』 監督:萩生田宏治 原作:さそうあきら「コドモのコドモ」 脚本:宮下和雅子、萩生田宏治 出演:甘利はるな、麻生久美子、宮崎美子、谷村美月、草村礼子、塩見三省、上野樹里も出演しているがみんなキャラクターは生きていない。なっきーさん。自分力で決意するのが凄いですって? 11歳の子供に何を決意できるっていうんですか? 1円も稼げない人間に何ができるっていうんですか? 決意っていうのは根拠があってはじめてできることです。 子供が子供を生みたいっていうのはただのわがままであって、決意でもなんでもない。 それを命がどうとか、友情だとか、感動っていうフィルターで映画にしているこれは作品なんて呼べない最悪なものです。こんな状況があって許されるものか?? 感動・いのち・友情ということばが踊っているが、こんな状況が自分の子どもの身に起こったと考えると、そんな安易なことばは絶対に出てこない。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/141 《前のページ | 次のページ》
/141