teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/141 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート15

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月20日(火)10時03分17秒
  通報 返信・引用
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに社会人か大学生の危険な恋愛記事返信が掲載された。社会人か大学生の危険な恋愛記事返信そのまま転載。

=片思いでも恋後悔しないで カルピス姫(19)=

19日付「好きになる人にいつも彼女が・・・」の佐々本さんへ。やっぱり、好きな相手に彼女がいようが、好きな気持ちは抑えきれないようですね。見返りをしなくても見返りは素敵なことです。だから、自分の気持ちをはっきり伝えたほうが良いと思います。「愛は芸の肥やし」という言葉がありますがまさにその通りで、たとえ片思いでも恋は恋ですし、勉強でもよい意味で影響してくると思います。学生時代の恋愛は何年後かに振り替えると、全しあし関係なく大切な思い出になります。高海だけはしないように頑張ってください。応援しています。(松山市・女子)

一般人は高校生と違い調査対象とならないが義務教育中の中学生やまだ修学中の高校生へ恋愛を進め性の暴走をさせるような恋愛記事を書く人は快く思っていない。松山市の中学生や高校生のアンケートでは女子は好きな気持ちは抑えきれないような恋愛をし礼るものは中学生は0である。高校生で結婚前提で付き合っている男女交際をしている者は高3で3%だった。こんなに深刻にとらえて中学生や高校生の性を乱すようなことをされると困ると松山市の先生達は答えており松山市では中学生や高校生の改めて受験に対する規律やけじめの正しい学校生活を送るように今日のHRから注意している。

今日放送天才てれびくんMAXでR=15にまで指定する家庭が多く増える騒動が発生している恋愛エロ放送が行われる。超問題放送いい!TV スペシャル 今日の放送は民放の恋愛バラエティーや学生恋愛ドラマ以上にエロく有害であり、保護者も怒りが収まらないと怒っています。「いい!TV(ティーヴィー)」樹音プレゼンツ「セレ部」てれび戦士が女の子のお悩怪傑で樹音ちゃん・千帆ちゃん・羅夢ちゃん「恥ずかしくて好きな男の子に告白できない」相談テーマは恋愛エロすぎます。小学生や中学生への悪影響を考えていません。おたよりは、三重県かおりさんの「私は初恋をしてしまいました告白の仕方が分からない」という恋愛エロの不適切お便りから大げさに恋愛話が発展。千帆の返答も樹音の返答も羅夢の返答も不適切、今のてれび戦士はエロ下品になり下がりました。千帆は小6の初恋を多く告白したりしました。民放の人気タレント子役の小学生や中学生は「だれも好きな子はいない」というのに対して、NHK教育テレビのてれび戦士は多くの好きな小屋告白があったなどと答えるなど、どうかしていますね。千穂ちゃんや樹音ちゃんや羅夢ちゃんのようなエロてれび戦士選考が大きな間違いがあります。こんな下品な子役たちをてれび戦士に採用することは間違っています。告白された人数は多くいると答える千帆ちゃんや羅夢ちゃんは言っていることが有害すぎます。てれび戦士がいる中学校は非常に乱れた中学校です。一度見てみたいです。こんな小学生や中学生の発達段階に合わないとんでもない番組放送をするNHK教育テレビはどうかしています。樹音ちゃん・千帆ちゃん・羅夢ちゃんの「恋にまつわるナイショのはなし」は恋愛エロが満載で民放でもこんな下品な番組はないし下品な子役はいません。てれび戦士の人気の低迷を物語っています。小学生や中学生の発達段階に全くあっていない。視聴が禁止された家庭ではR=15に指定されたということになります。国民から高額な受信料を取りながらR=15指定の放送をすることはNHKは最低な行為です。高額な受信料とられている国民のことをよく考えてほしいと思いますNHKあまりにもふざけています。NHKへメールを送りましたが返信は来ません。日本政府の文部科学省や厚生労働省でもよく考えて欲しいと思います。

2008年は14歳以下の出産は45件と2007年に比べて激増した。14才の出産は一人増えても1万人以上の激増になるのである。それが二人も増えたのだ。内訳は中314才と中2が42件、中1が3件だった。小学生の出産は0件だった。小学生はこれで16年連続0件となった。14歳以下の出産が増えた理由は「コドモのコドモ」や「赤い糸」のような青少年健全育成に不適切な映画が多かったためだ。小学生の出産はここ16年間も起きていないし問題にもならないのに現実の世界のように映画化して子供の性を暴走させるのは許せない。「赤い糸」も現実の中学生では起こらない青少年の健全育成に不適切な映画だと言える。映画「赤い糸」はYAHOOレビューを見るとあまりよくない。私は映画も見たは後余韻は全く残らなかった。違う映画のついでに見たのだががこちらの「赤い糸」ほうは見て損をした感じだ。私はこういう携帯小説のような、中学生や高校生が妊娠やDV、薬などの話は全く好きではなく政策に反対である。たしかにそういう要素がちりばめられているし、人が簡単に死んだり死のうとしたりしているし、これはいくらなんでもやりすぎだと思う。中学生対象に、そこまでしなくてもいいんじゃないか、ひどすぎる、かわいそうすぎる、と感じる。過激なテーマと映像で観衆を引こうとしている映画会社の意図が見え見えなのだ。とくに最期の2人の別れのシーンは曲と旨く重なり、だまっているヒロインの心情が歌となって代わりに流れているのでとても不愉快だった。往年の人気TV番組“赤いシリーズ”を思わせる強力なベタ攻め。時代に合わせて手段は変わっているが、基本的には同じ。ドラマは暴走している。それは言い換えると非常にTV的であり、映画としてはまとまりに欠け、過剰に盛り上げて落とし所がない用に見せかけている。盛り上がるようで盛り上がらないのはまったく楽しめない。ヒロインの南沢奈央は中学瀬う役は無理である。透明感と存在感を出しているが、悲鳴を上げる場面は“どうして良いか分からない”感が漂うのが残念。しかも、女の子のお腹にグーパンチはドン引きだろう。ドラマと連動という事で前半部分はドラマの内容だったと一緒に見た友達が言ってました。(私はドラマは途中でギブアップしましたw)正直、赤い糸自体には全く興味はないが批判論を書く上で映画揉みないといけない私のような人も多くいたようだった。内容はまったくの駄作である。メイの彼氏が事故で死ぬシーンは「軽いトラウマになりました」という女子中学生や女子高校生が多くいて「夢にまで出てきた」。というのはこれは生徒虐待につながっている。大人の私でさえ、ちょっと怖かっのだ。中学生や高校生ならショックは何倍も強いだろう。メイの波乱万丈っぷりが「えぇ!?」ってなりました。そしてアツシが不細工すぎて前半は居眠りしていた。キャストとケータイ小説に興味のある方は原作と見比べるのもいいだろう180度改変部分が多くあるからだ。ドラマが今後どうなるのか気にならない。原作小説や映画も見ればラストの流れはドラマではこのようになるという予測はだいたい付いてくるからだ。薬物シーンや自殺、恋人の暴力といったシーンがある。それは他の中学生向け映画は見られない過激なものだ。『それでも、まっすぐに生きなきゃ』と言う、若いひたむきさがみられるというバカげたキャッチフレーズまであるのだ。チャンと心救われる映画に仕上っていない有害映画だ。“適度に”危険シーンオンパレードである映画。それが「赤い糸」だ。原作の毒は抜けても作品の中身が駄作で子供に与える有害情報からは抜け出せていない。これが問題になった。“過激さを抜くなら、【赤い糸】である必要はないのでは?”そういう疑問が沸いてくる。今作は、原作の流れを“キレイに”さらったダケ、つまりは毒のない【赤い糸】なのだ。ただし過激な性描写がないだけである。原作の不快なインパクトを、“揺れ動く心”の描写で補い切れたかと言うと…?である。原作を抑える事を良しとしながら、なんともジレンマなのだが、つまり、ソッチ(過激な性描写)系ではない強い見所を加えなければ、“この作品でなければ”という、愛着は沸かない人が多いロリコンと思われる中年のおじさんたちの数が半数を占めた映画館もあった。この原作の映像化そのものに、無理があったのかも知れない。恋愛模様しか展開されないドラマは、展開のストレートさが目に付く。これが中学生なのかという面が多い本当に刑務所にびち込んでやろうかと思うシーンは満載だ『コイツら好いた、ハレたしかないんかい』と。原作の知名度を利用し、“形だけ”の【赤い糸】を、ブームにのせて創ったそれが真実かも知れないが、とにかく独自性はない。“適度に”だから、それなりの見所もない。淳史の画になるたたずまい。芽衣のクリクリ目の芯強さも何かアンバランスである、次第に目が行くキャラがへんに描かれている。そして、1992年2月29日と言う特別な日をよりどころにして、紡ぎ上げていく、現代味のピュアな“想い”はどうか。1992年は阪神淡路大震災があった大変な年で村山内閣が崩御した年なのである。TVと同じキャストだから、どうなんだろ?と思った役者力も新鮮さに欠ける。とにかく、原作よりもTVドラマが好みの方には、安心して観られる作品ではない。映像化にあたり、原作のどぎつさに頼らず、“戦略”は中学生により過激有害情報を注ぎ込んでいる。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中15

「コドモのコドモ」この映画上映の最終日。大阪府の映画館へ小学校の京師の私は勤務が終わり13歳の娘と見に行って来ました。娘の名前は仮の名ですがリンレンとつけておきます。見終わったときの会話は、リンレン「非常にわるい映画だったなあ~。こんなくだらない。この映画のどこが いいのか さっぱりわからん。特に、親と一緒に、子どもが見たほうがいいな。子供だけでは危険だよ」父「そうやな~」リンレイ「うちは今妊娠するようなことは絶対にしないし 妊娠したことが分かれば他人に分からないようにそっと胎すよお父さん」父「この映画のように性交をして子どもができることを知らずに、くっつけっこして妊娠してしまった・・というシチュエーションならこの映画では妊娠は無理だ小学生の10歳同士の性交では妊娠は起こらない小学生の父は世界でも確認されていない。 また小学生ではこのこのように、産むことは不可能だ命がけの帝王切開手術になり昔の日本や発展途上国では今でも多くの少女が低年齢出産により命を落としている。いのちの重さを知ってるりおんなら、このような映画は作成できないだろうな、生まれた子供も育てていけれるはずはない~子供だけの出産は生まれた子どもは死亡するし生まれた条件では母子ともに即死するのだよ。その前に、親が気がつかないことはおかしいけど。」
リンレイ「私なら大変なことなので親にすぐ行って子どもは胎すよ、生んでも親の手がないと自分たちだけでは育てるのは無理です。第一命がなくなるのは怖いもの、この映画は小学生に小学生でも無事に赤ちゃんが生まれることの誤解を招き大変な事態を招く映画だよ」父「この映画のように生むまでが描かれてるなら 感動して終わり、乃は現実は厳しくてならない発展途上国のケースを見ても11歳の出産は多くの少女が自然分娩出なくなっている武田信玄の初めの妻も13歳の低年齢出産で死んでいるのだ息子勝頼は23歳の嫁の子供なのだ。現実は、その先が大変やしな。もちろん感動軟化は実際のありゃしない、その先の責任が、今の自分に持てるはずはない~ここ15年間以上も小学生の出産は起きていない14歳以下の出産は毎年45件前後起きているが中3の14才と中2で40件前後、中1で5件前後起きているが小学生の出産はここ15年以上も起きていない。子どもを育てるって 真剣勝負なんやて。一緒に生きていきながら学ぶことも多いけど、まず精神的にも、経済的にも自立して 始めて責任が持てる 立場に立てるんやと思うよ。
小学生では出産は命にかかわってくる中学生もリスクは非常に高い。中学生はたとえ生むのは産めても、子どもを一人前に育てるのは どっちがかけても難しい。だから、セックスを、今の自分がやれる時期なのかよく考えないかんと言うよりもしてはいけない時期なのだ子宮癌を知っているかい。子宮癌は生理があって1年以内に性交をしたものは生理があって10年後に性交したものよりもなんと26倍のハイリスクができるのだよこれはペニスによる刺激だからコンドームをつけていても一緒なんだよ」リンレイ「本当に怖いね妊娠だけでなく性感染症もかかりやすいのだね。うちもそう思う。また自分の娘の妊娠をだいたい、まわりの親や、教師が気づかないのがおかしい!!まさか、子どもが子どもを妊娠してるなんて、おもわんにしても、5か月もすれは親も身体検査を毎月行っている学校の先生も絶海に気がつくよ子どもをみてない妊娠に気がつかない大人にびっくりしたわ。親が性教育をするべきだしまた八木先生の性教育は過激な性教育で子供の姓を刺激して大変な事態を招くと思う。性経験の年齢低下は社会環境のせいにしているけれで一番大きな原因は学校の過激な性教育が一番大きな原因で学校が 一番悪いとおもった。うちみたいに性教育にはダブーにならず性教育も発達段階に合わせて、ちゃんと育てとったら、相談も出来るし、親も安心できる。自分たちが教えすぎたり教えてないから、不安やし、子どもに知らせたくないんやろ。そんな親に聞いてみたい。高校生のなれば自分たちはなぜ子どもを生んだの? どういう気持ちで性交をしたの?娘や息子が聴いてもズバッと答える時期に初めてなってくるのだ。エロ本とか見てさ、興味があって、やりたくって子どもができたんだったら、もっとばかや。エロ本見ても昔から性交に走る子供は出てこない学校の性教育が子供の性交を激増させるのや自分らがそうやで 恥ずかしいこととおもっとるのはいいことであり、子どもにも恥ずかしいことでキスシーンだけ見て凍りつく雰囲気が昔の子供は性のガードになっていた。「コドモのコドモ」はまねされたら困るんやろ~。そんなんなら、その子どもも、親から聴けずに、友達とインターネットやケータイでエロサイト見らねなくするのは、今は簡単だ。それで普通と思わせないといけない。子どもは、悪いことをしたということがわかっとるから、親が怒ると思って、おとなには何にも言わんくなる。親が知らんところで、自分たちで、カンパして、いのちをあたりまえのように中絶して・・・怖いことやよ。しかしいくらカンパして中絶しても保険所の関係で親にはばれるようになっているのだよ。うちは、こうしてけじめをつけるように話せるけど、だめです!!っていえない親や子供をジェンダーフリー家庭で自由に育ててしまうフリーセックスを進めるこの映画の世界のような家庭ばかりでは、こんな話絶対できんしな。」父「そうやな~。こういった映画はもう製作はしないことだ、小学生や中学生の妊娠や出産を描いたドラマは、いやなら見なければいいだろう出は絶対に済まない。もう生理が始まったら、すぐに妊娠できるというのは間違いだ。女性は初経後10ヶ月経たないと妊娠できる体にはならない。小学生でも10カ月すれば妊娠できる体になる。日本人の平均初潮年齢12,6歳と外国人よりも1年以上も早いので小学生の妊娠は+10か月でも性交相手が中学生以上の大人だと超レアケースでも妊娠はしてしまうわけだから、もし妊娠すれば命にかからるから小学生は中学生や高校生のようにカンパでりゅうぜつなど入っておられない。妊娠を正直に親に打ち上げて親と真剣に 話し合うことが必要やな。文部科学省から目をつけられている性教協の学校の保健の先生の話では、情報は大げさだが実際に、小さい頃に、父親から性的虐待を受けてた子が、おとなになってそれが性交であったことを知り、ショックで立ち直れなかったり、やはり小さい頃、近所のおじさんにレイプされたけど、何のことかわからなかった。ただ、痛くて痛くて、母親におなかが痛い!!と訴えた。母親は、おなかが痛いという子を内科に連れて行くわけだけど、なんともない。その家では、性器の名前を恥ずかしくって口に出していなかったという 悲惨なこともあるらしいよ。しかし今では内科でも妊娠は検査ですぐにわかるのだ。「コドモのコドモ」の世界はあまりにも現実離れでSFでありしかも悪質なSFだその、年、年齢、成長段階で、どこまで話すかはあるだろうけど 成長に合わせて、話をしていくことが大事やとおもうよ。」ただ問題はここ15年間以上も起きていない小学生の妊娠を描いた問題提起では現実に起きていないのになんでわざわざ映画化してまで問題化しないといけないのかここに大きな問題点があると思う。これは私の親類の家庭から送られたお便りを基に書き込んだドキュメントです。女性は命いっぱいの覚悟を決めて出産に挑むのです出産とは女性にとっては、一生の内に命をかけるすごい瞬間のはずこの映画は、その神秘的で素晴らしい命の誕生を女性をおちょくっているとしか思いません。と映画を見た後、反発を繰り返す女性が多かったのだ。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/141 《前のページ | 次のページ》
/141